もるぞうの不労所得1,000万円への道 (米国株・太陽光・不動産投資)

好きなだけ旅することを目指して、不労所得1,000万円を狙います。主に米国株・太陽光・不動産投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

NY株高値更新の中、バリュー平均法で粛々と追加購入を完了

こんにちは。もるぞうです。

昨夜、バリュー平均法による米国株・ETFの追加購入が完了しました。

11月・12月・1月の3か月分です。

 

”収入の複線化”、そしてその収入の最大化のためには欠かせない追加購入ですが、以前はけっこう大変でした。

僕は米国株・米国ETFの購入にはSBI証券を利用しています。

SBI証券では少し前まで成行での購入ができず、指値をやるしかありませんでした。

しかもSBI証券ではリアルタイム株価ではなく15分ディレイだったので、Yahoo USAのFinanceを見ながら指値をしていました。

 

しかもNY証券取引所の開く時間は日本の真夜中。サマータイム実施時は日本時間で22:30開場ですが、冬場は23:30開場。

お酒を飲んでしまってからの深夜の指値購入はけっこう面倒。よく明日でいいやといっては購入を先送りにしてしまっていました。

 

それがSBI証券でも成行購入が可能になって、昼間のうちに注文を完了させることができるように。

特定口座で購入できたり、手数料もSBI・楽天マネックスが同等の低コストになるなど、米国株・米国ETF投資家にとっては投資のしやすい環境が続々と整備されてきています。

”収入の複線化”もいまやこんなに簡単にできるようになったことを感謝しなければなりませんし、ここまで環境が整備されたのであれば、もうあとは「やるかやらないか」ですね。

 

さて、昨夜成行の注文は下記のとおり約定しています。

f:id:moru-zou:20180123084053j:plain

f:id:moru-zou:20180123084104j:plain

SO(サザン)、DUK(デューク エナジー)、NGG(ナショナル グリッド )をはじめとして目標積立累積額との差分が大きかった銘柄を中心に多くの株数を購入しています。

バリュー平均法で安いときに多く買う(配当利回りを高くする)を実現できているので、銘柄の値下がりも気になりません。むしろ配当利回りを上げることができてラッキーと感じます。

 

昨夜の購入の結果、ポートフォリオは変化しています。

f:id:moru-zou:20180123084330j:plain

各銘柄ともきれいに5%前後になっています。

BLK(ブラックロック)、MSFT(マイクロソフト)、RDS(ロイヤルダッチシェル)、V(ビザ)の4銘柄については目標積立累積額に対して超過していたため、昨夜の購入は見送っているのですが、それでも5%を超えていますね。

いかにこれらの銘柄の騰勢が強いかということの表れだと思います。

 

NY株は最高値を更新しています。

こんなに高値市場で買って大丈夫なのか?とも思いますが、バリュー平均法に従って、安いものをより多く買うことを粛々と続けていきたいと思います。

それが”収入の複線化”をより早期に実現することにつながります。