もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

外国税額控除のやり方。面倒だけど還付は大きい

前回確定申告のやり方・書き方をざっくり解説しました。 

僕は今回の確定申告で、株式譲渡損失、地震保険料控除、ふるさと納税寄付金控除、住宅ローン減税、外国税額控除を行っています。

今回はその中でももっとも面倒だけどインパクトの大きな控除のひとつである外国税額控除についてそのやり方・書き方を記したいと思います。

 

外国税額控除とは?

海外で源泉徴収される税金を、日本の税金から引いてもらえる制度のことです。海外株は一般的に現地で源泉徴収されてしまいます。

米国株・米国ETFの場合はその配当益に対して米国で10%の源泉徴収がなされます。その源泉徴収を引いた額に対してさらに日本の税制20%がかかるため、約30%もの税金が配当金・分配金にかかってしまうことになります。

米国株・米国ETFがいかに高配当でも日米での30%もの税率のため、税額調整をしないと実際のパフォーマンスは下がってしまうのです。

この両国での二重課税を回避するために使えるのが外国税額控除。海外株のパフォーマンスをあげるためには是非とも活用したい控除です。

 

外国税額控除に関する明細書

外国税額控除は確定申告書のどこにあるのでしょうか。

f:id:moru-zou:20180212111706j:plain

この④の部分にあります。計算済みの税額からさらに実額控除される部分になるので、減税インパクトは大です。

 

外国税額控除の申告にたどり着くまでは先日書いた下記の記事をご覧ください。

 

さてさまざま入力したあとに「外国税額控除」部分をクリックすると外国税額控除の画面に飛びます。

f:id:moru-zou:20180212125659j:plain

この画面に配当と分配金を一つひとつ入れていくのは大変です。米国株は四半期ごとの配当がほとんどですし、米国ETFは毎月分配も多くあるため、一つひとつ入れていくと膨大な数になってしまいます。加えてシステムの問題で一定の数を超えて入力することはできません。

 

そこでおススメなのが、エクセルで配当金・分配金をまとめてあげることです。僕はこんな感じでエクセルでまとめています。

f:id:moru-zou:20180212125953j:plain

このエクセルで集計した結果を先ほどの外国税額控除に関する明細書に記入します。これで一つひとつ入力する手間は軽減されますが、そもそもこのエクセルをつくるのが少し大変です。

年間取引報告書が送られてきますが僕はそのデータを手でエクセルに入力しています。外国所得税額などがデータ化されていればよいのですが、どなたかよい方法がありましたら是非教えてください!

 

外国税額控除の限度額を計算する

外国税額控除は無限にできるわけではありません。限度額があります。

限度額の計算式は下記のとおりです。

所得税の控除限度額=所得税額*(調整国外所得金額/所得総額)

所得税の限度額に加えて、復興特別所得税、道府県民税、市町村民税などの限度額をそれぞれ加えて限度額を算出します。

詳細は省きますが、そもそもの所得税額が少ないと限度額は小さくなります。考えてみれば当たり前ですが、控除するためには元の税額がある程度ないと引きたくても引けないということです。この計算も、ナビゲーションに沿って入力をしていくと国税庁のアプリケーションがちゃんと計算してくれます。素晴らしい。

 

このような形で外国税額控除の申告を進めていきます。

僕は今回の確定申告(平成29年分)で51,393円の外国税額控除を申告し、計算の結果満額控除できました。つまり51,393円まるまる税金が戻ってくることになります。

外国税額控除は申告が面倒なので、今回の作業に約1時間程度かかりました。しかし頑張った結果として、約5万円の税金を取り戻すこともできました。時給としては悪くありません。

このように外国税額控除は多少面倒ですが、還付金インパクトは大です。不労所得のパフォーマンスをよりよくしていくためにも外国税額控除は外すことはできません。

 

★証券会社から超少額の分配金還付。証券会社に問い合わせてみました

外国税額控除とは別に、証券会社から少額の分配金が忘れた頃に還付されることがあります。これはいったい何なのか? SBI証券会社のコールセンターに問い合わせてみました。

 

★不労所得年収1,000万円獲得を目指しています。

好きなときに、好きなだけ、好きなところへ旅を続けることができるように・・・。そのためにも税金はしっかりと取り戻します!