もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

シャドーイングのやり方とコツ(トライズ1カ月目の素人による解説)

日本語だけじゃこの先は生きていけないよね。ということで通い始めたTORAIZ(トライズ)ですが、僕にとっての最大の難関はシャドーイングです。

f:id:moru-zou:20180319102115j:plain

シャドーイングはヒアリング力アップのために行う勉強法です。英語の音声を聞いて、その音をマネしてひたすらついていくという勉強です。これが苦しいのなんの。まさに修行です。

はじめた当初は挫折感が半端なく、何度もあきらめかけました。

 

トライズに通いはじめて1カ月。まだまだ全然できているとは言えないのですが、この最大の難関のシャドーイングのコツを少しつかんできたような気がするので、ブログにします。油断をするとすぐにグダグダになってしまうので、自分でも忘れないようにメモしておきます!

 

シャドーイングのコツ

僕が思うシャドーイングのコツは下記のような感じです。

  1. 音声を聞きながら、目で文章を追えるようにする。
  2. 音声を聞かず、意味が分かるようになるまで音読する。
  3. 音声を聞きながら、意味を理解しながら目で文章を追えるようにする。
  4. 音声を聞きながら音読を重ねる。もう何度も何度も音読する。
  5. 音声に合わせて、リズムに乗り、大きな声で何度も何度も音読する。
  6. テキストを閉じてシャドーイングする。モゴモゴしちゃうけど、気にしない。
  7. 一文ごとに止めずに、ダイアログをとにかく一気にシャドーイングする。
  8. 言えなかったところを中心に、テキストをチェック。もう一度音読。

特に大切だと思うのは、4の「音声を聞きながら音読を重ねる。もう何度も何度も音読する」と5の「音声に合わせて、リズムに乗り、大きな声で音読する」だと思います。

 

バカいたいに音声を聞きながら音読を繰り返すことにより、英語独特のリズムというか、”ノリ”が口に出てくるようになります。これこそが大切なのだと思います。

 

そして大切なコツとしては「大きな声で」音読することです。恥ずかしがってはダメです。なので僕は奥さんに聞かれないように部屋にこもって、または早朝の誰もいない会社の会議室でひとり黙々と音読&シャドーイングしています。

 

英語の”ノリ”をおさえることで、英語のリズムに慣れることができ、シャドーイングが少しずつできるようになるような気がしています。加えて、8の「言えなかったところを中心に、テキストをチェック。もう一度音読」をすることで、どの音が聞こえていないのか、英語特有の音の抜け落ちなどがよく分かるようになります。そして結果的に英語が聞こえてくるようになる。

 

これがシャドーイングのコツなのではないかと、英語を真剣に勉強しはじめて1カ月の僕は感じています。

 

シャドーイングは僕にとって最難関であることは今も変わりません。今も1時間もやればくったくたになります。でもはじめてばかりのころに比べて、リズムに乗って英語を音読するようになり、ただの修行ではなく英語を勉強しているような気がしてきました。

 

まだまだ素人なので、この先もコツがあったらアップデートしていきたいと思います。

 

★トライズに半年間通った感想はこちら