もるぞうの不労所得1,000万円への道 (米国株・太陽光・不動産投資)

好きなだけ旅することを目指して、不労所得1,000万円を狙います。主に米国株・太陽光・不動産投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

超初心者による「ライザップゴルフ」効果と感想

こんにちは。もるぞうです。

 

僕はゴルフの超素人&初心者です。

ど素人の初心者のくせに、年に1回程度はコースでラウンドをします。スコアはだいたい140程度。ゆるいラウンドとはいえ、正直面白いものではありません。

 

ラウンド中も早く終わらないかなー、早くお風呂入りたいなぁなんてことをずっと思っています。

上手な人は本当に楽しそうにゴルフをしています。片やで早く終わらないかなぁと思っている僕や下手くそな人たち。実に対照的です。

それでもチェックアウトのときのお金の精算は平等。15000円程度は払わなければなりません。

朝早く起きて、つらいラウンドを6〜7時間もやって、交通費も含めると2万円近い出費をする。なんでしょう、このマゾっぷり。

 

そんな中、3ヶ月後の7月に会社の偉い人たちとのゴルフが入ってしまいました。

基本的に「ゴルフはやりません」と避けてきたのですが、今回はどうしても避けることができません。


このままでは、まずい。

140なんかでまわっていたら、白い目で見られること間違いなし。

なにより、またつらい思いをするのは嫌です。

 

せっかく高いお金を払って、しかもえらい人たちに気を使うのであれば、せめてゴルフのプレーは楽しみたい。

明るくほかの参加者のプレーに対して”ナイスショット!”とか言ってみたい(今はそんな余裕すらありません)。

 

そこであの結果にコミットするライザップゴルフのお試し体験をしてみることに決めました。

CMでおなじみライザップのゴルフ版です。

f:id:moru-zou:20180401120104j:plain


僕は英語力向上のために「トライズ」に通っていますが、結局、何かをものにしたいときには、集中的に正しいやり方で勉強と練習をするしかないと思っています。

なので、ライザップゴルフ(RIZAP GOLF)です。

 

ウエブで体験申し込みをしたあと何度かメールでやりとりして体験日程を決めます。

初回は「ゴルフ力診断」というものを受けるようです。

ショット別のレベル診断を行うようで飛距離やら何やらをデータ分析します。

ところが僕の場合は、初回からレッスンになってしまいました。

 

というのも、インストラクターの方との最初の会話の中で、僕がど素人なことが判明。

インストラクターの方は分析するまでもないと思ったのでしょう。「データ分析はやめて、最初からレッスンにしちゃいましょう」と言われてしまいました。

 

ライザップゴルフはインドアでレッスンが行われます。

花粉症の僕にとってはありがたいです。

 

レッスンスタジオはけっこう大きな部屋。

ネットが全面にはられて、その後ろに巨大なスクリーンがあります。ここにコースが映ります。

f:id:moru-zou:20180331185412j:plain

まずは7番アイアンで打ってみます。

パシッ。。。

ゆるい音とともに約80ヤード飛びました。方向も左のラフです。


インストラクターの方の最初の一言。

「あー、全然だめですね。完全に手打ちですね」

「ボールをあてにいったたゃってますね」

しょぼ。

 

それからクラブの握り方、アドレス、スイングについて怒涛のように教え込まれました。そんなに一気に、覚えられません。

 

必死に頭の中に記憶したのは下記のとおりです。

 

●アドレスについて

  • 剣道の竹刀を持つように持つ。そして力を抜く
  • そのまま、腰を後ろに引くようにクラブをおろす
  • その体勢を崩さず、ボールにあわせるように、ちょこちょこ歩く
  • 膝をゆるめる
  • 体幹をずらさないようにする(腹筋・背筋がつらいくらい)

 

●スイングについて

  • ちょうど自動車のハンドルを回すようにスイングする
  • クラブを体に巻きつけるような感覚
  • バックスイングした左手が上、スイングしたときに右手が上になるように

 

自分用のメモなので分かりにくくてすみません。

とにかく今までのやり方をすべて否定されました。

これだけ否定されたうえに新しいやり方を徹底的に教えこまれたので、普通であればムカッとしそうなところですが、不思議とそんな感じはしませんでした。

 

なぜか。

同じ7番アイアンでなんといきなり140ヤードも飛ぶようになったのです。

これには自分でも驚きました。

思わず”楽しいっ”と思ってしまいました。

 

30分程度でしょうか、ようやくレッスン終了です。

正しいアドレスは腹筋と背筋を酷使します。すでにクタクタ。

その後再びインストラクターさんとの話し合いになります。

 

まずはゴール設定です。

7月にそこそこのスコア(115程度)でまわるためには24回のレッスンが必要と言われました。

たった30分だけで飛距離が80ヤードから140ヤードまで伸びた僕は完全にライザップ信者になっています。その場で24回(有効期間4カ月)を申し込みました。

データ分析のためのアプリもつけませんか?と言われましたが、それは無視です。

 

入会金5万円も含めて合計で52万円。高い。。。

でも、これでゴルフが楽しめるようになればしめたものです。


ゴルフは歳をとってもできるスポーツの代表。

ライザップゴルフで”趣味の複線化”ができるといいなぁと思っています。

 

仕事に、英語に、ゴルフに、ブログに。

なんだか激しく忙しくなりそうですが、ライザップゴルフによる僕のゴルフの進化もお伝えしていきたいと思います。