もるぞうの不労所得1,000万円への道 (米国株・太陽光・不動産投資)

好きなだけ旅することを目指して、不労所得1,000万円を狙います。主に米国株・太陽光・不動産投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

攻めと守りの人生設計。今後の人生を生きるためのフレームワーク

こんにちは。もるぞうです。

 

今後の人生をどういうふうに生きていくべきか。ずっとそんなことを考え続けている今日この頃です。

仕事と同じですが、考えるにあたってはフレームワークを使うのが有効です。

今後の人生設計のために使えるフレームワークとして何がいいかなと考えていたのですが、ひとつの結論に達しました。

 

攻めと守りの人生設計

 

攻めとは、やりたいことをやること。

守りとは、どんなことがあっても一定のキャッシュフローを得ながら生活できること。

 

こんなふうに定義してみました。

僕も好きな堀江さん(ホリエモン)は、その著作の中で”とにかく動け””やりたいことだけをやれ”ということを言い続けています。

本当にその通りだと思いますし、自分の人生を充実させるには間違いなく堀江さんが言うことは正しいと思います。

僕もぜひそれを実現したい。

f:id:moru-zou:20180801094922j:plainf:id:moru-zou:20180801094927j:plain

 

一方で、攻め続けるだけの心の強さを僕は持っていません。セーフティーネットがあるからこそ、攻め続けることもできる。堀江さんに言わせれば、それはヘタレ以外の何者でもないこともわかってます。

でも、守りがあるからこそ、攻められるとも考えられるわけで、僕はそのポジションのほうが人生を充実させられると思っています。

 

しっかりしたゴールキーパーやディフェンス陣がいるからこそ、攻める時は徹底的にオフェンス陣が攻めることができる。

そんな状況が自分にとっては心地よく、理想かなと思うに至りました。

 

 

もっと具体的に言います。

 

攻め。

自分がやりたいことで、かつ世の中に役に立つ、喜ばれることを探し続け、攻め続ける。報酬の多寡は考えない。報酬はあとから自然とついてくるものと考える。

 

★関連ブログ記事です。やりたいことをやるためにはテーマとバリューが必要

 

守り。

安定した月収を失っても、毎月安定した収入を得ることができる状態を構築する。徹底的な守り。どんな状況になっても安定して生活を維持できるだけの生活収入を得ることを目指す。収入の複線化。徹底した分散・インカム投資が基本。

現在実施している米国配当株・ETF投資のほかに、太陽光発電や不動産賃貸経営が該当する。

 

★関連ブログ記事です。安定した配当収入をもたらす米国配当株・ETF利回り一覧。

 

僕の性格からして、攻めだけでもだめだし、守りだけでもダメだということが分かってきました。

攻め続けるためにも、鉄壁の守りが必要。

安定した守りの状態があるからこそ、一方で攻めることができる。

 

だからこそ、”攻めと守りの人生設計”が僕にとっては重要なフレームであると思っています。

 

やりたいことをやるときはより”攻め”を意識し、その一方で鉄壁の”守り”を構築していく。そして、それぞれを徹底して実現していく。やるべきことがよりシャープになってきました。

 

読者のみなさんも今後の人生を生きるための自分なりのフレームワークを考えてみてもいいかもしれません。

 

僕はこの考えを今日ブログにまとめることで、今後の人生がちょっとシャープになってきたような気がしています。