もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

夏休み中にも配当が届く! うれしい!

夏休みも終わり、昨日タイから戻ってきました。またいつもの仕事と日常の日々がはじまります。残念です。

さて海外から戻ってきて、家の郵便ポストの中のたまったチラシなどを処理していたところ、いつものSBI証券からの配当のお知らせが届いていました。

 

SBI証券からの封書の中には全部で4件の配当お知らせが入っていました。

f:id:moru-zou:20180820132032j:plain

米国高配当株のP&G、英国ADRのナショナルグリッド。そして優先株式ETFのPFF、そしてハイイールド債のJNKから配当・分配金がありました。

夏休み、タイでぼんやりビーチで読書三昧を楽しんでいるあいだにも、こうやって配当が届くのをみて、これぞ本当に不労所得だなぁと実感しています。

今回夏休み中に届いた配当は499.95USD。日本円にして6万円弱です。さすがに夏休みのレジャー代にはなりませんが、現地ATMで引き出したタイバーツよりも多い金額となりました!

これでホテル代や飛行機代まで配当金でまかなうことができたら、本当に1年中旅行をしていてもお釣りがきます。すごいww

 

まぁそのためにはまだまだ働いてしっかり稼いで、その投資原資を優良資産にせっせと投資をしていかなければなりません。加えてその優良資産を安く買う必要があります。

 

そんなこと本当にできるのだろうかと不安になります。でも夏休み中に届いた配当のお知らせをみると、やっぱり実現させたいなぁと心から思います。そうすればお盆最終日の、あの激混雑した中の成田空港に戻ってくる必要もなくなります。お盆価格のバカ高い航空券を買わなくてもすみます。行きたいときに、行きたいところへ、好きなだけ旅立つことができるのです!!

 

僕が日本中・そして世界中を旅しているあいだに、ぼくの資産たちが日本中・世界中でせっせと稼ぐ。世界中で僕の資産をつかって、競合と切磋琢磨し、よりよいサービスをつくり続けている。その成果の果実の一部がこうやって配当として手元に戻ってくる。この仕組みを考えた先人たちは本当にすごいなと思います。せっかくつくってくれたこの仕組みを僕らが利用しない手はありません。

 

今日からまたせっせと実労働して、投資原資を稼いで稼いで、そして優良資産を積み上げていきたいと思います。