もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

投資方針

1週間、追加購入する銘柄を考え続けた結果、あれもほしい、これもほしいという感じになってしまい、自分でもよく分からなくなってしまいました。

米国株中心だったはずなのに、中国株の高配当にも目がくらみ、あれこれ物色もしてしまいました。疲れました・・・。

そういうときこと基本に戻るべきで、あらためて投資方針を言語化したいと思います。

f:id:moru-zou:20180901095015j:plain

投資の目的は?

不労所得で一年中旅ができる状態になること。

具体的には不労所得で年収1,000万円を得ること。

不労所得1,000万円あれば、強いて働く必要もない。行きたいところへ、行きたいときに、行きたいだけ行くことができます。これだけあればタイで毎日節約するという貧乏旅行レベルではなく、トイレもきれいないホテルに宿泊することも可能。飛行機もたまにはビジネスクラスに乗ることもできるはずです。

 

投資の手段は?

キャピタルゲインではなくインカムゲインを狙う

投資の目的が毎月のキャッシュフローを得ることなので、インカムゲインを狙うことになります。将来の値上がり(キャピタルゲイン)を目指すのではなく、あくまでもインカムゲインを目指します。

 

KPIはインカムキャッシュフロー

キャピタル狙いであればS&P500指数などがベンチマークになりますが、S&P500に勝つ・負けるなどはどうでもよいと考えます。目指すべきはインカムゲインなので、KPIはインカムキャッシュフロー。基本的には税前で4%の配当利回りをKPIと設定します。

 

具体的投資対象は?

米国株と米国ETFがメイン

世界経済の中心であり、今後も人口増加とイノベーションが期待できる米国株を中心に投資を行います。米国株は株主還元に対する姿勢も顕著で、安定した配当・増配を求めるインカムゲイン投資家にとっても主戦場となります。

 

利回り狙いで個別株。個別で買いにくいものはETF

配当利回りに着目をすると個別株のほうが利回りは高いです。ETFは分散が効き、個別銘柄に対する研究やドキドキは不要で楽チン。けれども、ETFは利回りの低い銘柄も入るし、手数料分も利回りがダウンします。

よって、基本的には優良配当株をETFではなく個別銘柄で買い付けることとします。ただし、個別には買うことが難しいものについてはETFを使って投資を行います。

 

優良配当株の条件とは?

米国株であればなんでもよいというわけではなく、安定したインカムを永続的に受け取れそうな企業を選ぶことが重要です。安定したインカムを得られそうな企業の条件は下記5つの条件を参照。

  • 営業キャッシュフローは、毎年着実に増えていることが望ましい
  • 営業キャッシュフローは、その年の純利益の数字より必ず大きくなければならない。もしそうでない場合は、粉飾リスクあり
  • 営業キャッシュフロー・マージンが15~35%ある会社を狙え
  • 1株あたり配当額は毎年毎年増加しているか
  • 配当性向は高すぎないか

最後の決め手は?

いろいろ条件はありますが、最後迷ったときの定性的な決め手も付け加えておきます。株式市場は一本投資で右肩上がりはありません。必ずどこかのタイミングで調整や暴落が待っています。調整や暴落がきたときに、そんなときにでも買いたい!と心から思える銘柄に投資をすること。暴落で価格が下がって超ラッキー!と思えるくらいの銘柄かどうかが最後の見極めのポイントです。

安定した業界、独占的な企業、盤石なワイドモーとを持っている企業など暴落したときにバーゲン価格でうれしい!と思える銘柄を選択します。