もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

10月の配当金は一進一退で53,000円~

10月の配当金は53,000円~

もう11月だというのに、まだまだあたたかな日々が続きます。今年は秋らしい秋がありませんね。このまま一気に冬に突入してしまうのでしょうか。さて10月も締まりましたところで10月の配当金を振り返ってみたいと思います。

  • 【PFF】37.67USD
  • 【JNK】43.82USD
  • 【VWOB】33.07USD
  • 【IYR】87.64USD
  • 【PPL】131.18USD
  • 【PM】141.33USD

4つのETF、1つの電力株、1つのタバコ株から配当をいただきました。合計474ドル。日本円にしておよそ53,000円です。今月もどうもありがとうございます!フィリップモリスは9月から仲間入りした新顔ですが、さっそく141ドルもの高配当を出してくれました。高配当のタバコ株はやはりインパクトがありますね。

 

一進一退の配当金推移

f:id:moru-zou:20181103214556j:plain

今年初めからの配当金推移です(日本円換算。1ドル113円で計算)。こうしてみると僕の持ち株では1・4・7・10月の配当が小さく、3・6・9月の配当が大きくなる傾向にあります。このままいけば12月の配当には期待が持てそうですね。僕は四半期ごとに給料キャッシュフローから積立投資をしているので、徐々に配当金の金額は大きくはなってきています。それでも10月までの配当金累計は5649.19ドル(1ドル113円でおよそ64万円)。不労所得年収1,000万円まではまだまだ遥かなる道のりですね。こんなんで本当に到達できるんでしょうかと弱気になります。いまの10倍以上の配当金を得ないとダメですからねー。

やはり給料キャッシュフローを地道に投資するだけではなかなか難しいかもしれません。太陽光や不動産投資などレバレッジ投資と組み合わせて目標に向かって邁進するしかないですね。

 

53,000円で配当株に再投資する

今回の10月の配当で得た474ドル(およそ53,000円)を再投資します。53,000円で5%の配当株に再投資した場合得られる配当金はおよそ2,600円。不労所得年収1,000万円という大目標に対して非常に小さな金額ですが、この一歩一歩の積み重ねが目標達成に近づくと信じて地道に積み重ねていきたいと思います。

配当金で得た原資は給料キャッシュフローで得たお金と違って、少し冒険できるような気がしています。お金に色はないのでおかしいのですが気分的に配当で得たお金はアグレッシブな投資に回してもいいなと思えます。元がタダですからね。今回の53,000円も少しチャレンジングな銘柄に再投資したいと思います。