もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

AFP認定研修を申し込んできました!

AFP認定研修とは?

昨日、資格専門学校のTACに行っていきました。AFP認定研修(技能士課程)というコースに申し込みをするためです。

f:id:moru-zou:20181109133728j:plain

AFPとはAffiliated Financial Plannerの略で、日本FP協会が認定するファイナンシャルプランナー資格。AFPになるためには、国家資格である2級FP技能検定合格とAFP認定研修の修了が条件となります。僕は2011年に2級FP技能検定に合格しているのですが、AFPに登録するメリットを感じられずそのまま放置していました。2011年に合格してから2年以内にAFPに登録をしなかったためにAFP登録資格を失ってしましました。

AFP認定研修とは、2級FP技能検定には合格しているけどAFPに登録していない僕のような人向けの研修制度です。具体的な研修内容はFPの基本である提案書作成が中心。モデルとなる対象者のライフイベントを整理し、そのライフイベントをキャッシュフロー表にすることでお金に関する課題点を洗い出す。その課題に対して対策を打つことでキャッシュフローを改善、最終的に改善後のキャッシュフロー表をつくる、といった流れです。2級試験勉強の時に一度やったことがあるので、思い出すことができればそんなに難しくないとは思います。

 

いまAFPを取ってみようかなと思った2つの理由

理由は2つあります。

お金のことで誰かの役に立ちたい!

第一にお金のことで誰かの役に立ちたいという気持ちが強くなってきたことです。僕は不労所得年収1,000万円を目指してあれやこれやをやっているところですが、お金のことを知ることで人生の選択肢は格段に広くなったと感じています。お金より大切なことはいっぱいありますが、お金がなくてはできないこともいっぱいあります。知識や経験があるかないかだけでこれだけ差がつく世界もないと思っています。こんな素晴らしい世界をもっと人に伝えたい。お金で悩んでいる人の役に立ちたいと思ったのがきっかけです。おかげさまでこのブログもPV数が伸びてきていて、少しは役に立てている実感があるのですが、もっとダイレクトに伝えたいと思ったのです。

社会とのつながりをつくりたい!

第二に、仕事を辞めたあとの社会とのつながりのための布石です。不労所得年収1,000万円を実現できれば働く必要はないでしょう。でも、完全に働くのをやめてしまうことは違うかなと思っています。たぶんヒマすぎて死んじゃうんじゃないかと恐れています。健康に年をとるためには社会とのつながりの中で社会の誰かの役に立って生きることが必要。そのために何をやろうかなぁとずっと思っていたのですが、やはり好きなことをナリワイにすることが大切と思い至ったのです。

 

AFP取得のメリットとは?

AFPを取得したからといって弁護士や税理士などのように独占事業をやれるわけではありません。はっきりいってたいした資格でもありません。個人のファイナンシャル相談もAFP資格がなくてもできます。ただし資格タイトルがあったほうが格好もつくのは間違いありません。信用もそうですね。

そのほかAFPには継続的に知識をインプットすることが求められているため、継続研修の制度なども充実しています。この継続研修の内容をちょっと見てみたのですが、どれも興味深いもので僕の知識欲を刺激するものでした。

 

AFP取得後は?

たまにこのブログを読んでいただいている方からお金の相談に関するお問い合わせを受けています。いまは丁重にお断り差し上げているのですが、資格を取った後は少しづつご相談を受けることができればいいなぁとなんとなく思っています。そのときはこのブログでも告知しますのでよろしくお願いいたします!