もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

急げ!Amazonギフト券40%還元のふるさと納税ただいま実施中!

2018年ふるさと納税まもなく終了

みなさん、ふるさと納税済ませましたか? 2018年のふるさと納税もあと残すところわずか。12月中に寄付をしないと2018年の確定申告で還付を受け付けられません。あと1カ月程度ですね。例年、年末ギリギリになるとかけこみ寄付が増えるため、ふるさと納税サイトのウエブサーバーの反応が遅くなることも多いようです。

このふるさと納税、総務省の通達により還元は30%以下、還元するものは自治体の特産物などに限定されることとなり、これを守らない自治体は総務省から強い締め付けを受けているようです。僕は9月の総務省通達直前に佐賀県みやき町のHIS旅行券に申し込みしました。驚異の50%還元でした。

 

Amazonギフト券40%還元自治体が登場!

そんな高還元返礼品がなくなって久しいですが、ここにきて僕が登録している「ふるなび」からニュースが飛び込んできました。静岡県小山町ではAmazonギフト券40%還元を始めたようです。昨日23日から開始されています。

f:id:moru-zou:20181124182103j:plain

  • 25,000円の寄付→10,000円分のAmzonギフト券還付
  • 100,000円の寄付→40,000円分のAmzonギフト券還付
  • 500,000円の寄付→20,0000円分のAmzonギフト券還付

見たところ、Amazonギフト兼による返礼は25,000円からの寄付となっているようです。「Amazonで静岡地域の特産品を買おう!」と無理やり感は否めませんが、いちおうAmazonで静岡県特産品を返礼するという建て付けのようです。総務省が見たらきっと怒るでしょうね。

 

静岡県小山町とは

この総務省にたてついているとしか思えない静岡県小山町ですが、静岡県の北東部に位置しています。富士スピードウェイがある町のようですね。地図を見ると、神奈川県と山梨県と境を接しています。富士山の山頂も町の一部としていて、富士山須走口登山道もこの町のようです。

 

ふるなびで受付中!

この高還元ふるさと納税ですが、「ふるなび」で取り扱っています。40%の高還元&Amazonギフト券ということで、いつまで続くか分かりません。役所が休みのあいだのこの3連休だけの扱いかもしれません。それだけ小山町はふるさと納税にかけているということですね。この連休中が勝負となるでしょう。今年のふるさと納税枠がまだ使えていない方はぜひチェックしてみてください。

Amazonギフト券40%還元の静岡県小山町へのふるさと納税はこちらからどうぞ!