もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

来ました!旅行券50%還元のふるさと納税!

ふるなびからビッグニュース!

ほかのふるさと納税サイトが扱わないような攻めの返礼品を突如扱うことで有名な「ふるなび」がまた仕掛けてきました。今度は近畿日本ツーリストの旅行券50%還元と、日本旅行ギフトカード50%還元です。

 

近畿日本ツーリスト旅行券50%還元!

まず近畿日本ツーリスト旅行券を50%還元で仕掛けてきたのは大阪府熊取町。どこにあるかというと、大阪府の南の端。お得度満載のふるさと納税返礼品で有名な泉佐野市の隣に位置しています。きっと泉佐野市がうまいことやっているのを見て、我慢できなくなったのでしょう。いい感じで総務省にたてついています。

今回の案件は、一口1万円で、その半額分を近畿日本ツーリスト旅行券で返礼するというものです。1万円単位であれば上限なくいくらでも申し込みが可能なようです。

尚、ふるなびではふるなび独自のキャンペーンをやっていて、熊取町の近ツリ旅行券に寄付をするとふるなびからさらにAmazonギフト券2%分が追加還元されます。合わせて52%です。

f:id:moru-zou:20181208220134j:plain

 

日本旅行ギフトカード50%還元!

続いて日本旅行。こちらは和歌山県高野町からの出品です。こちらは和歌山県の北のほう。先ほどの大阪府熊取町に近いですね。やはり近隣の動きに敏感に反応しています。泉佐野といい、ここらへんの地域は寄付金集めに執念を燃やしていますね。

こちらは2万円からの寄付を受け付けているようです。多くの種類が用意されているので、2万円以上寄付できる方はこちらも選択肢になりますね。

尚、こちらはふるなびからの還元がAmazonギフト券3%となっています。合わせて53%の超高還元!です。

f:id:moru-zou:20181208220221j:plain

 

じゃらんや楽天トラベルで旅行予約が事足りる中、近ツリや日本旅行といった老舗旅行代理店を街中で見かけることは少なくなってきましたが、まだまだ日本中に店舗は存在しています。近ツリ旅行券も日本旅行ギフト券も有効期限はないようなので、今回寄付しても、かなり先の旅行まで手配できるのはうれしいですね。

ふるさと納税は総務省が今後本気で規制をかけてきます。来年以降は、総務省通達を守らない自治体への寄付は控除対象としないなどの強硬策を打ってくるともいわれています。今年が最後のチャンスかもしれませんね。12月もあと残りわずか。みなさん、このチャンスをお見逃しなく~。