もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。主に米国株投資を中心にして不労所得を積み重ねます。

MENU

【三菱UFJモルガン・スタンレー証券】米国ゼロクーポン債はどのコースで取引すべき?

米国ゼロクーポン債なら三菱UFJモルガン・スタンレー証券

米国ゼロクーポン債の取扱数、販売価格を比較してみたところ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がいいかも~となりました。比較した証券会社の中では取扱数も多く、販売価格ももっとも最安値を提示していました。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券ってすごい長い名前ですね。三菱UFJはもともと三菱東京UFJ銀行で三菱銀行と東京銀行の合併でできていますし、UFJ銀行は三和銀行と東海銀行がその母体になっています。Wikipediaによると証券部門は国際証券という証券会社が母体になっているようでその後東京三菱グループ傘下になったようです。そしてモルガン・スタンレーの日本法人と統合するというすごい統合の歴史を経てきています。

 

3つの取引コースの特徴

この一般にはあまりなじみのない三菱UFJモルガンスタンレー証券ですが、取引コースが3つ用意されています。

  • コンサルティング取引コース
  • MUFGテラスコース
  • ダイレクト取引コース

コンサルティング取引コースは野村證券などと同様、支店と取引します。支店の営業担当者に相談に乗ってもらうことなどができる反面、営業担当者から商品の勧誘などもありそうです。国内株式手数料はもっとも高いです。

一方のダイレクト取引コースはいわゆるネット・電話取引専用コースです。支店の営業担当者がつかないので、相談になどは乗ってくれませんが手数料はもっとも安く設定されています。

そしてMUFGテラスコース。これはコンサルティング取引コースとダイレクト取引コースのちょうど中間に位置するような取引コース。ネット取引はもちろん可能ですが、ちょっと相談したいときなどに専用の電話とチャットが利用できます。チャットを通して取引も可能です。聞きたいときにチャットなどで手軽に相談できる一方、支店営業担当者からの商品勧誘などもなさそうで、ちょうどいいところを狙っているコースのようです。国内株式手数料水準はコンサルティングコースとダイレクトコースの中間です。

 

米国ゼロクーポン債の販売価格はどのコースでも同じ

国内株式手数料は3つのコースで異なるようですが、米国ゼロクーポン債の販売価格などの違いはホームページでは見つけられませんでした。そこでメールで質問したところ、下記のような回答をいただきました。的確かつ丁寧なご回答をいただき、ありがとうございました。ちゃんとしてますね。

 

既発外債取引の手数料・販売価格について

当社において取引される外国債券はほぼすべてが国内店頭取引となり、当社が算出する時価により、適正な価格で当社が相手方となって取引を行っています。国内店頭取引によってお買付けいただく場合は、購入対価のみお支払いただきますが、3つの取引コース(コンサルティング取引コース・MUFG・テラスコース・ダイレクト取引コース)の相違によって、取引価格が異なるといったことはありません。

また、いずれの取引コースにおいても、取引価格に付加される売買手数料は発生しませんが、実際に売買する場合のお取引金額には、経過利子や為替スプレッドも含まれること場合があることもご留意ください。(なお、円貨⇔外貨振替時の為替スプレッドについては、一定金額以下ですと、インターネットで振替手続を行わる方が有利です)

 

既発外債の取引(トレード)について

(コンサルティング取引コース)営業担当者による対面もしくは電話で売買可能です。

(ダイレクト取引コース)専用ダイヤル(電話)で売買可能です。※円貨決済での売却はコールセンターでも承ります。

(MUFGテラス・コース)チャットもしくは電話で売買可能です。

 

既発外債取引における口座管理料について

当社では、外国証券取引口座管理料は無料です。その他の口座管理料や投資相談に関する費用のご負担もございません。

 

MUFGテラスコースにしてみました

米国ゼロクーポン債の場合は取引コースによって販売価格は変わらないようです。というわけで、手数料ではなく、どの取引形態がいちばんいいかなぁと検討。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では米国ゼロクーポン債をネットで購入することはできません。いずれのコース取引でも証券会社に連絡をする必要があります。電話で注文するのは面倒なことも想定されたため、チャットで相談・売買ができて、余計な勧誘もなさそうなMUFGテラスコースにしてみました。

f:id:moru-zou:20190203113957j:plain

MUFGテラスコースには画像のようなヴァーチャルな担当者がつきます…

尚、日本円から米国ドルへの為替取引は通常±50銭のようですが、ネットで取引をすると±25銭のようです。為替取引はネットで、米国ゼロクーポン債の注文はチャットか電話でという取引スタイルになりそうです。

 

尚、大和証券はネットでゼロクーポン債が取引できるようです。ネットで取引完結されたい方は大和証券がよいかもしれませんね。