チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

年金は何歳からもらうべきか?(繰下受給を考える)

年金は65歳から受給だけではない!

国民全員が加入する国民年金、主に会社員が加入する厚生年金は現在65歳から受給することが基本となっています。現在ほとんどの人は65歳から年金を受給していますが、この受給開始年齢は1か月単位で繰り下げることができるのです。

 

5年繰り下げれば、なんと42%も増額!国による圧倒的な高利回り

この受給繰り下げですがものすごい高利回りです。1か月受給を繰り下げるごとに、0.7%受給額がアップします。増額率は0.7%×月数で計算可能です。つまり、65歳から仮に70歳まで受給を繰り下げると、繰り下げする月数は合計60か月。0.7%×60か月=42%もの増額支給を実現することができるのです。この42%増額された年金が一生涯続く。民間で売り出したら瞬間蒸発するレベルの高利回り商品と言えるのではないでしょうか。これだけ低金利時代においてこの増額率は驚異的です。

下記の表は現在の国民年金受給額(フル加入など条件を満たしている人)のシミュレーションです。通常、65歳から受給すると年額77万9000円ですが、70歳まで受給を繰り下げた場合、年額110万6600円に増額されます。これが一生涯続くので、81歳まで生きたとすると、65歳から受給している場合にもらう年金総額を超えるようになります。81歳以降はその差はどんどんと広がることになりますね。

 

f:id:moru-zou:20190324174818j:plain

逆に81歳前になくなった場合は、65歳から受給していた方が損得的にはお得という形になります。正直81歳まで生きるかどうかなんてわからないので、そこらへんはどう考えるかですね。

 

繰り下げすべきか? しないべきか?

人はいつ死ぬかわからないので、損得で計算するのも難しいかもしれません。ただ一つだけ言えることは、国が保証する非常に高利回り商品であるということ。そこのところを最大限に利用するとすれば、年金は70歳からの繰り下げ受給として、70歳までは自分でお金を貯めるなり、増やすなり、働くなりして自分で用意するのもありかもしれません。

僕の場合は60歳までは太陽光発電による収入、60歳〜70歳までは米国ゼロクーポン債などをうまく活用して老後資金は自分で用意しようかなと考えています。70歳以降は健康寿命も差し迫っており対して遊べないかもなとも思っているので、増額された年金でひっそりと暮らすという感じかなとも思っています。