チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

MENU

SBIの米国株・米国ETF定期買付サービスを使ってみた!

このブログの中でもよく読まれている記事のひとつとして「SBI証券米国株・米国ETF定期買付サービス」があります。

何かと買付するのが面倒な米国株・米国ETFですが、SBI証券が発明したこのサービスを使えば、自動的に米国株・米国ETFを買付してくれるという優れものです。これで為替取引、為替計算、株数計算などの面倒ごとがいっさいなくなります。

僕はこれまでバリュー平均法というドルコスト平均法の変型積立方法を使っていたのでこのサービスは使っていなかったのですが、今回投資方針を大きく見直した結果、このサービスを使うことにしました。

 

レイダリオポートフォリオを買付する

SBI証券の「米国株・米国ETF定期買付サービス」を使って買付するのは、先日紹介したレイダリオポートフォリオです。

レイダリオの指示を忠実に再現するためには米国ETFを使うのが便利。この米国ETFを定期的に買付するため、このサービスを使うことにしました。定期買付の設定をしてみたのですが、とても分かりやすく簡単に設定することができました。SBI証券、やはりイケてます。

f:id:moru-zou:20190421105917j:plain

 

何も考えずに買付してくれるのがいい

自動化してしまうと買付をする楽しみなどはなくなってしまうのですが、市場にどんなことがあっても、市場に居続けられるようにするためには、あらゆるものを自動化してしまうほうがいいと思っています。手動でやると、計算とかをする過程でいろいろ考えてしまいますからね。いまは株価が高いとか低いとか、そんなことを考えてしまうことこそが余計なことだと思っています。チキン投資家の落とし穴はここです。チキンだからこそ余計なことをいろいろと考えてしまう。考えすぎていろいろ先のことを考えビビッてしまう。あげく市場から退出。好機を逃す。もうそんな悪循環からはおさらばしたいです。

また定期買付サービスを活用すれば、飲み会で買付を忘れてしまうなんてこともなくなりそうですからね。ここも意外とよくある落とし穴です。