チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

税務署や東京都から大量の税務書類が送られてきた!

みなさんは連休いかがお過ごしですか? 僕は各社のほうでいろいろとトラブっていて、なんだかんだで毎日仕事しています(涙)。

さてそんな中、税金のお話です。税務署や東京都から税務関係の書類が次々に送られていきました。僕が保有している合同会社の決算月にあたるためです。この会社は太陽光発電事業のためにつくった法人ですが、3月が決算期となっています。従いましてこの3月までの決算を行い、利益を申告、税金を支払う必要があります。そのための準備資料が送られてきたというわけです。

f:id:moru-zou:20190430110736j:plain

封筒を開けてみたのですが、さっぱり分かりません。法人税、法人都民税などの申告書類などが入っていることは分かったのですが、そのための申告書類が大量にあって、どこに何を書くのか、全然分かりません。個人の所得税申告書作成は国税庁のHPで手軽にできるので、自力でもまったく問題ありませんが、法人税は本当に複雑そうです。

この書類をみて、法人は税理士さんにお願いするしかないなとあらためて思っています。僕は税理士さんに月額報酬と決算報酬を合わせて20万円弱でお願いしています。かなり安いほうだとは思いますがそれでも20万円のコストは大きいなと思っていました。しかしこの税務関係の書類をもて、やはりお願いしてよかったと心から思っています。自力でやろうとすると相当に勉強したり分からないことを問い合わせる必要がありそうです。これから法人をやろうとしている皆さん。法人の税金関連は税理士さんにお任せしましょう。

f:id:moru-zou:20190430110750j:plain

大量の書類(涙)

しかしここでも行政の無駄は見えますね。国税は税務署、都民税は東京都と窓口がバラバラです。そりゃそうなんでしょうけど、まとめて申告できればいいのにと思います。この非効率にも意味がある(権限分散など)とは思いますが、申告する側にしてみれば無駄としかいいようがありませんね。

連休もはじまったばかり。残りも楽しんでいきましょう~。