チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

シルバー人材センターに草刈りをお願いしてみました

太陽光発電に除草は欠かせない

太陽光発電は投資ではありますが、おもいっきり事業です。土地探しからはじめて売電開始にいたるまでさまざまなトラブルに巻き込まれ、すんなり売電開始とはなりません(事実、僕も多くのトラブルに遭い、まだ1カ所も稼働していません)。お金を稼ぐためのさまざまな努力が必要な点、ペーパーアセットへの投資とはだいぶ異なります。

そして除草も太陽光発電にとっては重要な「業務」となります。今年は梅雨らしい梅雨ということもあり、草もモリモリ元気に育ってます。太陽光発電用地も雑草が生い茂り、このままほっておくと近隣に迷惑をかけることにもなりかねません。

f:id:moru-zou:20190703191808j:plain

太陽光発電用地に生い茂る雑草

除草の方法

そこで除草です。太陽光発電用地の除草はいろんな方法があるようです。通常の草刈りのほかに、除草剤を撒く方法、防草シートを張る方法、コンクリートなどで整地してしまう方法などです。ただ、いまのところは太陽光設備もありませんしまずは普通に草刈りしようと考えました。

そこで次の選択肢としては、自分で草刈りをするか、業者さんに草刈りをお願いするかという2択です。僕は田んぼの草刈り経験はけっこう豊富なので自分で刈払機を使って草刈りするのも余裕なのですが、いかんせん面倒です。草刈りのために高速に乗っていくのもなんだかバカバカしい。それでは業者さんにお願いするか?と考えたのですが、業者さんに草刈りをお願いするとけっこうな金額がかかりそうです。ある業者さんは1㎡あたり80円とありました。太陽光発電は1,000㎡前後の土地が普通ですから、80円×1,000㎡=8万円です。1回の草刈りにそんなにコストをかけていたら、利回りは相当下がってしまいます。

 

シルバー人材センターは激安!

そこで思いついたのがシルバー人材センターにお願いする方法です。シルバー人材センターとは、地域のシニアに仕事を紹介する場であり、業務委託形式で仕事をお願いすることができます。だいたい各自治体ごとに設置されているケースが多いと思います。

太陽光発電用地がある自治体にもこのシルバー人材センターはありました。仕事の依頼はメールとかではなくて電話です。電話で問い合わせところ、発電用地の地図などをFAXしてほしいとのこと。スキャンして送りたいところでしたがそこはシルバー人材センター。いまだにFAXです。その後、1週間ほどしてお見積りが送られてきました。

その見積もり結果が衝撃的に安かったのです。1㎡あたりなんと12円。1,000㎡でも12,000円しかしません。きちんと整地されており、草刈り後の草もそのまま放置という条件。太陽光設備もないので草刈りはとてもしやすい状況なのですが、それにしても想像を超える安さでした。もちろんソッコーで仕事をお願いさせていただきました。交通費やら手間を考えれば全然安いですね。

 

ほかの太陽光発電用地も、シルバー人材センター中心でお願いしようかなと考えています。太陽光投資をやっているとあらたな発見や出会いがいっぱいありますね。楽しいですね。