チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

奥さんがつみたてNISAをはじめました(eMAXIS Slim 米国株式 S&P500)

奥さんがつみたてNISAをはじめました

奥さんがつみたてNISAをはじめました。転職したことがきっかけで退職金をどう運用したらいいか?と相談を受けたことがきっかけです。退職金を株式に突っ込もうとしていたので慌てて止めました(定年退職者が退職金をいきなり投資してしまうのはこんな感じなのでしょうか)。

iDeCoやつみたてNISAが投資の基本となることを説明したのですが、いまいちピンときていません。そこで、楽天証券のiDeCoとつみたてNISAを説明する動画を見てもらいました(初心者に説明するにはこういった動画を見せるのがいいですね)。これでなんとなく分かってもらったので、iDeCoとつみたてNISAに申し込みを始めることに。ただしiDeCoは確定給付企業年金からの移管になるため時間がかかりうそうなことが分かり、まずはつみたてMISAの設定から始めることにしました。

 

eMAXIS Slim 米国株(S&P500)を選ぶ

つみたてNISAで何を積立投資したい?と聞いてもピンときません。そこでいろいろと聞いてみます。

  • 株がボラティリティ高く上下するのは気にならない?
  • アメリカと日本とどっちが伸びると思う?
  • アメリカと先進国ではどっちが伸びると思う?
  • 新興国とかアメリカより伸びると思う?

これらの質問を繰り返していった結果、アメリカ株1本でいい!となりました。ここらへんの質問に対して回答ができるのは、奥さんが個別株を少しやった経験があるからです。その経験を踏まえて、株式のボラティリティの高さなど気にならないと断言していました。僕は株式のボラティリティの高さには萎縮してしまうので、性格は正反対です。奥さんながら、すごいなぁと思います。

楽天のつみたてNISAではさまざまな米国株投信が選べます。代表的なものでも下記のものがラインナップされています。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim NYダウインデックス
  • iFree S&P500インデックス
  • フィデリティ・米国優良株・ファンド
  • 米国株式インデックス・ファンド

ここから先はもう選べません。えいやっ!で選んでました。選んだのはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。このファンドはS&P500連動、信託報酬も非常に安価で今後も手数料下げを追求していること、運用総額も順調に右肩上がりと、悪くない選択だと思います。

 

収入の面ではダブルインカムが鉄板なのと同様、投資も夫婦で行うことで二馬力で資産が増えていきます。奥さんが投資の世界に本格デビューしたことを喜びたいと思います。