チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

一括投資・分散投資に迷ったときの答えの出し方

手持ちに余裕資金がある場合、その資金を一括で投資すべきか、時間分散して投資をすべきか悩みますね。その悩みは贅沢な悩みではありますが、絶対の正解があるわけではないので、大いに悩むポイントでもあります。

 

投資リターンを最大化したい場合は一括投資

基本的に株式など長期的に右肩あがりの成長が続くことが期待される市場においては、余裕資金を一括で投資してしまったほうが有利だと言われています。たとえば全部で1,000万円の余裕資金があった場合、1,000万円を最初に一括で投資したほうが、1,000万円を最初から運用にまわすことができるため、機会損失を避けることができるためです。

もちろん市場は上下を繰り返しながら成長していくため、タイミングによっては一時的に投資元本を下回ることもあり得ます。しかしながらそんなタイミングは誰にも分からないので、ポートフォリオを決めたらすぐに一括投資を行うことが良いとされています。

投資リターンを最大化したい場合は、よい市場を選んで一括で投資することがベターな選択になります。

 

リスクを抑え、心の安寧を優先したい場合は分散投資

一方で、リスクを抑え、心の安寧を優先したい場合は時間分散投資がいいと思います。資産価格は上下を繰り返しながら成長していくものなので、一時的なマイナスは避けられません。米国株に投資している場合、米国株式市場の相場から影響を受けるのはもちろん、ドル円相場の為替影響も強く受けます。特に不況時は株安とドル安(円高)が連動するケースが多いため、日本人投資家にとっては株式市場のマイナスと為替のマイナスのダブルパンチを受けてしまいます。円ベースで考えると、予想以上の含み損を抱える可能性もあるわけです。

このときにいずれは値が戻るからと忍耐できるかどうかがすべてです。頭では分かっていても、下げ続ける相場に心が折れてしまうことは十分に想定しなければなりません。一括投資をしていた場合は、大きな金額を市場で運用しているため、含み損の金額も大きくなりがちです。そのときに、一括で投資しないで時間分散しておけば良かったと後悔する気持ちも芽生えてくるでしょう。また毎日値が下がり続ける相場をみて、耐えきれずに市場から退場してしまうことや、値が戻ったところでやれやれ売りをしてしまう可能性も否定できません。

この忍耐をできるかどうかは人それぞれ違います。これは各人が過去を振り返って、忍耐できるかどうかをそれぞれが自分の心に聞いてみるしかありません。

 

過去の経験から、時間分散投資を選択

僕は過去の経験からこの忍耐ができないと判断しているため、一括投資のほうがリターンは良いことは重々分かりながらも、時間分散投資を選択します。それはすべて、相場下落時に市場から退場してしまう確率を少しでも減らしたいからです。

米国ゼロクーポン債、レイダリオポートフォリオ投資のいずれでもこの時間分散投資を継続していきたいと思います。