チキン投資家もるぞうの不労所得1,000万円への道

好きなだけ旅することを目指して、不労所得年収1,000万円を狙います。チキン投資家としてリスクを抑えた心に優しい運用で不労所得を積み重ねます。

投資の自動化ほぼ完了。やることなくてヒマ

投資の自動化がほぼ完了しました

便利になったというと何というか、投資の自動化がほぼ完了しました。僕が現在やっている投資は下記のとおりです。

  • 太陽光発電
  • 米国ゼロクーポン債
  • レイダリオポートフォリオ(VOO・IEF・TLT・IAU)
  • iDeCo(既存分):セゾングローバルバランスファンド
  • iDeCo(新規分):楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
  • つみたてNISA: 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

太陽光発電はまだ設備もできていないので置いておきます、上記のうち米国ゼロクーポン債投資を除くレイダリオポートフォリオ投資、iDeCo投資、つみたてNISA投資は完全自動化が完了しています。iDeCo、つみたてNISAは毎月銀行口座からの自動引き落とし設定をしているため、本当になんにもやる必要がありません。レイダリオポートフォリオもSBI証券の米国株自動積立サービスETF買付を設定しているため、証券会社口座にお金をおいておけば何もやる必要がありません。

www.fukusenka.net

唯一米国ゼロクーポン債投資だけはちょっと手間がかかります。毎月1回ドル転をしたうえで、ゼロクーポン債を買付する必要があります。これだけがちょっとした手間となりますね。

 

銘柄分析も不要なので、やることが本当にない

僕は個別株投資をやっていないので、銘柄を選ぶための企業分析も不要です。また四半期決算をチェックすることもありません。これ、やりはじめると本当に大変で緊張感も高まります。毎日ニュースにも目を見張らせる必要がありますから、個別株を持っているとけっこう物理的な時間としても忙しいんですよね。

ところが僕は個別株を持っていないので、ここにかける時間も不要です。僕が持っているのはポートフォリオは結局のところETFです。レイダリオは分解すると、VOO・IEF・TLT・IAU。iDeCoはVT、つみたてNISAはVTIです。これを毎月毎月淡々と買付しているだけ。なので、銘柄分析する必要もまったくないんですよね。

f:id:moru-zou:20190726091920p:plain

 

投資方針を考える時間もなくなりました

僕はこれまで、日本国債→日本株→中国株→自社株→米国高配当株というふうに20年かけて投資方針をころころ変えてきました。そして現在に至っているわけですが、いまのところ現在の投資方針が自分の性格的にもいちばん合っているし、それなりに合理的なポートフォリオになっていると思っているので、投資方針に関してあれこれ研究したり悩む時間もなくなりました。これまでざまざまな投資本を読み、あちこちのブログを読み、あれこれ考えてきた時間が嘘のようになくなりました。これまでいちばん時間をかけてきたのはこのポートフォリオ探求の時間だったかもしれません。これがまたなくなりました。ヒマです。

 

いま投資のことを考える時間がほとんどなくなりました。あれこれ考えることがなくなってスッキリしているのですが、いきなりヒマになった感じでちょっと寂しい気もしています。ブログに書くネタもほんとなくなりましたね。しょうがないので、本業や将来の夢のためにこのヒマな時間を使っていきたいと思います。